2018年2月21日水曜日

ひげ剃り(ES6801P)とリチウム電池の謎


以下、マニアックな内容なので読み飛ばしてください。

おっさんの場合、旅行に行く時にひげ剃りが必要なのだが、荷物の重さや大きさや電源を考えるのと、ギリギリまで荷物を減らすにはこのような電池式が都合が良い。回転式なので振動もほとんど無い。

ナショナルの小型の物が軽くて小さくて良いのだがリチウム電池を使っているところに大きな問題があった。
使い捨てのリチウム電池は1ヶ月位持つのだが、ある時、旅先のバンコクで電池が切れてしまい近くのスーパーやカメラ屋や電気屋を回ったが同じ形の電池がどこにも売っていなかった。1つのコンビニだけに売っていたが日本円で1500円ほどしていて新品のひげ剃りが買える値段だった。

そこで、充電式のリチウム電池にしたほうが経済的だと考えたが、この機種のリチウム電池はCR123Aという3V仕様で、一般に売っている充電池は3.6Vで、3Vの物は特殊でほとんど売っていないようで、充電器も専用の物が要るらしい。(3V仕様はLiFePO4という燃えにくい電極材料を使ったリチウム電池らしい)

3.6Vの物を入れてみたら保護回路が働くのかモーターが止まってしまうのである。
やっと3Vのものをアマゾンで見つけて購入したら、CR2というサイズが小さい物だった。

そしてついに3V仕様でサイズが同じ物をやっと見つけたわけである。
次にひげ剃り本体の替刃というのがこれもけっこう高くて1000円以上して、本体ごと新品を買っても2000円くらいなのである。(アマゾンでは値段が少し高い)

そこで新品を買ったら、この機種は改良されたのか3.7Vのリチウム電池でも動くのである。
ブランド名のナショナルがパナソニックになってるだけの違いなのだが。

この写真は、左から、その電池探しの歴史を記録したものである。

というか単4乾電池2本にしてくれれば軽くて便利で経済的なのだが。
(以前はそういう製品が有ったのだが廃止されたようだ)


0 件のコメント:

コメントを投稿