2017年3月31日金曜日

ラッフルズホテルでダイキリを



植民地時代の建築が美しいラッフルズホテル。
この時は改装中で入れませんでした。
ラッフルズホテルといえばサマセット・モームだったかヘミングウェイだったか、
ダイキリだったかシンガポール・スリングだったか、そんな作家とかカクテルだったかが思い浮かびます。
シンガポールは物価が安ければまた行きたい場所です。

(1991 シンガポール)

0 件のコメント:

コメントを投稿